ひろしま美術館

チラシ

東広島市立美術館所蔵 版 ―技と美の世界―

終了しました


2014年7月26日(土)~ 2014年8月31日(日) 会期中無休

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※7月26日(土)は10時からの開会式終了後、開場いたします。

 日本の版画は、浮世絵木版をはじめ国際的に高い評価を受けています。しかし美的技法としての歴史は意外と新しく、日本では明治維新後、大量生産が可能な印刷物としての機能から、ひとつの美的手段として確立されたといえます。その背景には、西洋の技法である凹版(銅版画)、孔版(シルクスクリーン)、石版(リトグラフ)などの技術の導入がありました。本展では、このような多彩な広がりを見せる版の世界を、日本屈指の近現代版画コレクションを所蔵する東広島市立美術館の名品の中から技法別に紹介します。また、特設の版画工房ではワークショップを毎週末開催し、版画の技と美の両方をご堪能いただけます。この夏、眼と身体の両方を使って、アートの世界を存分にお楽しみください。

展覧会概要

会期
:2014年7月26日(土)~2014年8月31日(日) ※7月26日(土)は10時からの開会式終了後、開場いたします。
開館時間
:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
:ひろしま美術館
主 催
:公益財団法人ひろしま美術館、東広島市立美術館、中国放送、中国新聞社
後 援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、株式会社東広島ケーブルメディア、FM東広島89.7MHz
特別協賛
:ひろしま信愛不動産株式会社
協 賛
:広島銀行
協 力
:草月会広島県支部

入館料

一般:1,200円(1,000円)/ 高大生:900(700円)/ 小中学生:500円(300円)
( )内は、前売りおよび団体(20人以上)の料金。

  • ※コレクション展(フランス近代美術)も合わせてご覧頂けます。
  • ※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。

前売り券発売所

ひろしま美術館(2014年7月25日まで)、中国新聞各販売所(取り寄せ)、中国新聞社読者広報部、広島市内の主なプレイガイド、画廊、画材店、書店、チケットぴあ(Pコード:766-287)、ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード:63227)

割引券

割引券を印刷し、入館時にご提示いただくと、割引料金にてご入館いただけます。他の割引券との併用は出来ませんので、ご了承ください。

展覧会内容と出品作家

化粧の女

浮世絵木版をはじめ、国際的に高い評価を受けている日本の版画は、明治維新後、西洋の技法である銅版画、石版画技術の導入に伴い更なる広がりを見せます。大量生産が可能な印刷物としての機能から、ひとつの美的手段としての確立を見た版画は、その技法の多様性に伴い、さまざまな美の形が存在します。本展では、日本屈指の近現代版画コレクションを所蔵する東広島市立美術館の協力のもと、近現代の日本の版画家たちの名品を、その技法と共に紹介します。東広島市立美術館コレクションのまとまった規模の展覧会は、同美術館を含めて、はじめての試みとなります。

 

【出品作家】約120点、78作家
出品作家:靉嘔、相笠昌義、畦地梅太郎、荒川修作、池田満寿夫、池田良二、石井鶴三、井田照一、瑛九、小作青史、織田一磨、小野忠重、オノサト・トシノブ、恩地孝四郎、加納光於、柄澤齊、川上澄生、川瀬巴水、河内成幸、川西英、北岡文雄、北川健次、木下泰嘉、木村光佑、草間彌生、黒崎彰、小林清親、小林敬生、駒井哲郎、斎藤清、笹島喜平、菅井汲、清宮質文、関野準一郎、高橋秀、髙原洋一、谷中安規、徳力富吉郎、殿敷侃、戸張孤雁、友安一成、永瀬義郎、中林忠良、中山正、野田哲也、萩原英雄、橋口五葉、橋本興家、長谷川潔、長谷川富三郎、浜口陽三、浜田知明、浜西勝則、平川清蔵、平塚運一、日和崎尊夫、深沢幸雄、吹田文明、福井良之助、藤牧義夫、藤森静雄、星襄一、前川千帆、松本旻、棟方志功、百瀬寿、森義利、森岡完介、山口源、山下清澄、山中現、山本鼎、山本容子、吉田遠志、吉田博、吉田穂高、吉原英雄、李禹煥 

(敬称略、50音順とさせて頂きました)

左画像:橋口五葉《化粧の女》1918年 東広島市立美術館蔵
※以下の作品画像はすべて東広島市立美術館所蔵

 


  • タジマハルの朝霧
    吉田博
    《タジマハルの朝霧 第五》1932年

  • 星座シリーズ 舟座
    吹田文明
    《星座シリーズ 舟座》1971年

  • 白い朝又は早暁―塔05・03B―
    小林敬生
    《白い朝又は早暁―塔05・03B―》2005年

  • 山のよろこび
    畦地梅太郎
    《山のよろこび》1957年

  • 南瓜
    草間彌生
    《南瓜》1986年

  • 玻璃球のある静物
    長谷川潔
    《玻璃球のある静物》1959年

  • 初年兵哀歌(歩哨
    浜田知明
    《初年兵哀歌(歩哨)》1954年

  • 青いガラス
    浜口陽三
    《青いガラス》1957年

  • 円波
    恩地孝四郎
    《円波》1939年(刷り1987年)

関連イベント

●開催記念座談会Part1「版について語る」(広島芸術学会共同企画)
日時
:7月27日(日) 14:30~17:00
会場
:事務棟地下講堂
基調発話
:高橋秀氏(現代美術家・版画家、出品作家)
登壇者
:谷藤文彦氏(ふくやま美術館学芸課長)、伊藤由紀子氏(フリーキュレーター)
司会
:古谷可由(当館学芸部長)

※定員130名(先着順)、事前申込み不要。

※聴講無料。ただし、入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30より会場入り口にて行います。

●開催記念座談会Part2「日本の版画 その歴史と独自性」
日時
:8月24日(日) 14:00~15:30
会場
:事務棟地下講堂
講師
:小林敬生氏(版画家、出品作家)
聞き手
:古谷可由(当館学芸部長)

※定員130名(先着順)、事前申込み不要。

※聴講無料。ただし、入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30より会場入り口にて行います。

●サロン鑑賞会(版―技と美の世界―展に関するスライド・レクチャー)
日時
:8月15日(金)14:00~15:00
会場
:事務棟地下講堂
講師
:当館学芸員

※定員130名(先着順)、事前申込み不要。(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料。ただし、入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30より会場入り口にて行います。

■凸凹フェスティバル開催!(運営協力:RCC文化センター) 
凸凹フェスティバルロゴ

期間中、工房(第5展示室)での体験イベントのほか、いろいろな版画の世界を夏休みにマスターできる本格ワークショップを毎週末開催!!(要予約)

※ワークショップへの事前申し込みは全講座定員に達しました。お申込みありがとうございました。

■サマー・ナイトショー中止のご案内 NEW

台風の影響により8月15日(金)に順延しておりましたサマー・ナイトショーは、主催者判断により中止となりました。
既にご予約いただいていた皆様には、順次お電話でご連絡を差し上げます。ご了承ください。

■県立広島大学・ひろしま美術館連携公開講座「版画と出版で知る書物文化」

詳しくはこちらから確認下さい PDF

※こちらの講座の会場はひろしま美術館ではございませんので、ご注意下さい。

同時開催:みつまた de アート展

凸凹フェスティバルロゴ

版画作品にかかせない、和紙の原料である「みつまた(三椏)」。草月会広島県支部の方々に制作していただいた、「みつまた」の木の部分を使ったオブジェ作品を、「版―技と美の世界―」展の期間中、ひろしま美術館の回廊に展示します。
協力:草月会広島県支部

※ご鑑賞には「版―技と美の世界―」展の入館券が必要となります。

ページの先頭へ