ひろしま美術館

チラシ

印象派の故郷 ノルマンディー展 -近代風景画のはじまり-

終了いたしました


2015年2月28日(土)~ 2015年4月12日(日) 会期中無休

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※2月28日(土)は10時からの開会式終了後、開場いたします。

 フランス北西部、海をはさんでイギリスと向かい合うノルマンディー地方は、現在でも、最も人気の高い保養地のひとつです。同様に、19世紀、ノルマンディーに惹き付けられた多くの画家たちがいました。アトリエを出た彼らは、穏やかな光に照らされた美しい水辺の風景をもつこの地で、刻々とうつろいゆく光の表情と、余暇を楽しむ近代生活の情景を描きました。この新しい画題は、まもなく印象派を生み出す土壌、印象派の故郷となったのです。

展覧会概要

会期
:2015年2月28日(土)~ 2015年4月12日(日) 
開館時間
:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
:ひろしま美術館
主催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後援
:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
:マイティネット
協賛
:広島銀行
協力
:エールフランス航空
企画協力
:株式会社ブレーントラスト

入館料

一般:1,300円(1,100円)/ 高大生:1,000(800円)/ 小中学生:600円(400円)
※( )内は、前売りおよび団体(20人以上)の料金です。

  • ※当展覧会とコレクション展(またはひろしま美術館セレクション展)は共通のチケットとなります。
  • ※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。

前売り券発売所

ひろしま美術館(2015年2月27日まで)、中国新聞各販売所(取り寄せ)、中国新聞社読者広報部、広島市内の主なプレイガイド、画廊、画材店、書店、チケットぴあ(Pコード:766-578)、ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード:66345)

割引券

割引券を印刷し、入館時にご提示いただくと、割引料金にてご入館いただけます。他の割引券との併用は出来ませんので、ご了承ください。

展覧会内容と主な作品

作品画像00

 本展は、ル・アーヴルにあるアンドレ・マルロー美術館の協力のもと、ブーダンやヨンキント、モネからマルケ、ヴァロットン、デュフィなどがノルマンディーで描いた作品約100点で、1820年代から1920年頃までのフランス風景画の展開における、ノルマンディーの役割を紹介します。


※左画像:ウジェーヌ・ブーダン「トゥルーヴィルの海岸にて」1880-85年
     サンリス美術考古博物館蔵 © Christian Schryve, Compregne

 


  • 作品画像01
    1. グザヴィエ・ルプランス
    《ノルマンディー海岸の眺め》1823年
    オンフルール、ウジェーヌ・ブーダン美術館

  • 作品画像02
    2. ウジェーヌ・イザベイ
    《トゥルーヴィルのレ・ゼコーレ》1839年
    トゥルーヴィル、ヴィラ・モンテベロ美術館

  • 作品画像03
    3. カミーユ・コロー
    《オンフルール》
    ランス美術館

  • 作品画像04
    4. ギュスターヴ・クールベ
    《波》1870年頃
    オルレアン美術館

  • 作品画像05
    5. クロード・モネ
    「トゥルーヴィル海岸にて」1870年
    パリ、マルモッタン=モネ美術館

  • 作品画像06
    6. ウジェーヌ・ブーダン
    「ル・アーヴル、ウール停泊地」1885年
    エヴルー美術博物館

  • 作品画像07
    7. フェリックス・ヴァロットン
    《オンフルールとセーヌ河口》1901年
    オンフルール、ウジェーヌ・ブーダン美術館

  • 作品画像08
    8. アルベール・マルケ
    《ル・アーヴルの外港》1935年
    ル・アーヴル、アンドレ・マルロー美術館

  • 作品画像09
    9. ラウル・デュフィ
    《サン=タドレスの丘からの眺め、夕日》
    ナンシー美術館

※以下各画像クレジット
1・7 : Musée Eugène Boudin, Honfleur
    Crédit photo : H.BRAUNER
2 : Illustria
3 : © Christian DEVLEESCHAUWER
4 : © 2014 Orléans, Musée des Beaux-arts / cliché François Lauginie
5 : © The Bridgeman Art Library
6 : © J.P Godais – Musée d’Évreux
8 : Le Havre, MuMa – Musée d’Art moderne André Malraux
  © Florian Kleinefenn
9 : Nancy, Musée des Beaux-Arts
  © Cliché C. Philippot

関連イベント

●特別鑑賞会「印象派の故郷:ノルマンディー」
日時
:3月7日(土) 14:00~15:30
会場
:事務棟地下講堂
講師
:当館学芸員

※定員130名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料。ただし、同展覧会入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30頃より会場入口にて行います。

●ミュージアムトーク ノルマンディー特集
日時
:3月14日(土) 11:00~12:00(約60分)「ブーダン」
4月11日(土) 11:00~12:00(約60分)「ル・アーヴル3人組:デュフィ、フリエス、ブラック」
会場
:本館ホール
講師
:当館学芸員

※定員100名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料です。ただし、当日有効の入館券が必要です。

●関連コンサート「世津子 on スペシャルジャズの夕べ ~ノルマンディーの風景をジャズに乗せて~」
日時
:3月20日(金) 18:45 ~ 19:45(約60分)
会場
:カフェ・ジャルダン
出演
:梅世津子さん(Vocal)、浅利紀子さん(Piano)、山本優一郎さん(Bass)
定員
:40名(先着順)
参加料
:3,000円

※マロニエ会員等すでに入館券をお持ちの方は参加料2,000円。

※会期中いつでも使用可能な「ノルマンディー展」入館券+カルバドスなどドリンク付き

※専用入館券を美術館受付でご購入下さい(2月28日より販売開始、先着順)

●開催記念講演会「歴史家がみたノルマンディー」
日時
:3月21日(土) 14:00~15:30
会場
:事務棟地下講堂
講師
:山代宏道氏(広島大学名誉教授、専門「ノルマン人の歴史」)

※定員130名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料。ただし、同展覧会入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30頃より会場入口にて行います。

●メープルサロン鑑賞会「ノルマンディーのサン=シメオン派とフォンテーヌブローのバルビゾン派」
日時
:3月24日(火) 14:00~15:00
会場
:事務棟地下講堂
講師
:当館学芸員

※定員130名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料。ただし、同展覧会入館券が必要です。(半券可)

※受付は13:30頃より会場入口にて行います。

●関連コンサート「シターで巡るノルマンディー」
日時
:3月28日(土) 14:00~15:00
会場
:本館ホール
演奏者
:白井朝香さん(シター)

※定員100名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※参加無料です。ただし、当日有効の入館券が必要です。

カフェ・ジャルダン特別メニュー

特別メニュー
りんごとフロマージュのタルト

ノルマンディーの特産であるりんごとチーズを組み合わせた、見た目にも可愛いタルトです。

りんごのソテーをクリームチーズ(フロマージュ)で包み、ラズベリーのナパージュでコーティング。
ふわふわした触感と、甘酸っぱさが楽しめる一品。
販売期間:ノルマンディー展会期中(2015年2月28日~4月12日)

料金単品:450円(税別)

特別メニュー
りんごとカマンベールのムースパイ
同じくノルマンディーらしいりんごとカマンベールチーズのパイ。
りんごの砂糖煮を詰めて焼いたパイ生地に、カマンベールチーズのムースを載せました。
ムースの中央にはりんごとフランボワーズのジュレを載せた、大人のパイです。
販売期間:ノルマンディー展会期中(2015年2月28日~4月12日)

料金単品:450円(税別)

ページの先頭へ