ひろしま美術館

チラシ

もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20's Paris 展

終了いたしました


2016年1月30日(土)~ 2016年3月27日(日) 会期中無休

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※1月30日(土)は10時からの開会式終了後、開場いたします。

 パリが最も華やかであった時代、自然と向き合った印象派の制作態度を継承しつつ、そこに豊かな詩情を盛り込んで独特の世界を作り上げたのがアンティミスト(親密派)と呼ばれる画家たちです。本展は、彼らが中心となって立ち上げた「画家彫刻家新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)」に焦点をあてた日本初の展覧会となります。本展ではソシエテ・ヌーヴェルに参加した画家たちの作品約80点を展覧することで、20世紀初頭に花開いた、もうひとつのパリの姿をご紹介します。

展覧会概要

会期
:2016年1月30日(土)~ 2016年3月27日(日) 
開館時間
:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
:ひろしま美術館
主催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後援
:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
協力
:日本航空
企画協力
:ブレーントラスト
協賛
:広島銀行

入館料

一般:1,300円(1,100円)/ 高大生:1,000(800円)/ 小中学生:600円(400円)
※( )内は、前売りおよび団体(20人以上)の料金です。

  • ※当展覧会とコレクション展(またはひろしま美術館セレクション展)は共通のチケットとなります。
  • ※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。

前売り券発売所

ひろしま美術館(2016年1月29日まで)、中国新聞各販売所(取り寄せ)、中国新聞社読者広報部、広島市内の主なプレイガイド、画廊、画材店、書店、セブン-イレブン(http://7ticket.jp/s/042881)チケットぴあ(Pコード:767-204)、ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード:63969)

割引券

割引券を印刷し、入館時にご提示いただくと、割引料金にてご入館いただけます。他の割引券との併用は出来ませんので、ご了承ください。

展覧会内容と主な作品

作品画像00

 画家彫刻家新協会(ソシエテ・ヌーヴェル、La Société Nouvelle des Peintres et Sculpteurs) とは、1900年にパリで若い芸術家たちの作品を発表する目的で結成されたグループ。アカデミー出身の画家が多い一方、印象派の自然に対する感覚的見方を共有しており、グループ展などで成功を収めました。印象派を思わせるあたたかく穏やかな画面に、自然や事物に潜む詩情を加えて表現した彼らの甘美な作品は、1900年代から1920年代のフランス美術界において高い評価を得ていたにも関わらず、フォーヴィスムやキュビスムなど、今日まで表舞台を席巻した前衛美術の陰に忘れ去られていました。しかしアマン=ジャン、エルネスト・ローラン、アンリ・マルタン、ル・シダネルらは、当時のパリジャン達に愛され、まさにその時代を代表する芸術家たちであり、印象派へと遡るフランス美術を直接継承する「最後の」存在でもあります。
※左画像:アンリ・ル・シダネル「日曜日」1898年 ドゥエ、シャルトルーズ美術館
© Douai, Musée de la Chartreuse - Photographe : Hugo Maertens

 


  • 作品画像01
    1. エルネスト・ローラン
    《背中》1917年
    個人蔵

  • 作品画像02
    2. アンリ・マルタン
    《野原を行く少女》1889年
    個人蔵

  • 作品画像03
    3. アンリ・ル・シダネル
    《テーブル、白の調和》1927年
    パリ市立現代美術財団

  • 作品画像04
    4. アンドレ・ドーシェ
    《レスコニーユの街はずれ》1928年
    マリア・ドーシェ氏(作家遺族)蔵 

  • 作品画像05
    5. エミール・クラウス
    《私の庭》1922年
    個人蔵

  • 作品画像06
    6. エミール・クラウス
    《リス川の夕陽》1911年
    個人蔵/協力パトリック・ドゥロン画廊

  • 作品画像07
    7. アンリ・マルタン
    《緑の椅子の肖像、マルタン夫人》1910年
    個人蔵

  • 作品画像08
    8. アンリ・デュエム
    《羊飼いと羊の帰還》
    ドゥエ、シャルトルーズ美術館

  • 作品画像09
    9. アルベール・ベナール
    《サビーヌを流れる小川》1920年
    個人蔵

※各画像クレジット
1 : Collection particulière Photo © Yves Le Sidaner
2 : Collection particulière
3 : Fonds Municipal d'Art Contemporain de la Ville de Paris Photo © FMAC / Roger-Viollet
4 : Collection Maria Dauchez-Petite fille d'André Dauchez Photo © Michael Bundy
5 : Collection particulière Photo © GYM
6 : Collection particulière - Courtesy Galerie Patrick Derom Photo © Galerie Patrick Derom
7 : Collection particulière 
8 : Douai, musée de la Chartreuse © Collection Musée de la Chartreuse -Douai
9 : Collection particulière Photo © Alain Beulé

関連イベント

●開催記念座談会「ソシエテ・ヌーヴェルとその時代~20世紀初頭の美術動向を読み解く~」
日付
:3月13日(日)
基調講演
:13:30~15:00 「混沌の時代の静寂―20世紀の<印象派>ソシエテ・ヌーヴェル」
講師
:河本真理氏(日本女子大学 教授)
座談会
:15:15~16:00
登壇者
:河本真理氏、古谷可由(当館学芸部長)
会場
:いずれも美術館地下講堂
定員
:100名(先着順)

※事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講は無料です。ただし、同展覧会入館券(半券可)が必要となります。

※受付は13:00頃より会場入口にて行います。

●「最後の印象派展」ミュージアムトーク
日時
:2月13日(土) 11:00~12:00(約60分)「ソシエテ・ヌーヴェルの成立と役割」
3月12日(土) 11:00~12:00(約60分)「ル・シダネルとその周辺」
会場
:本館ホール
講師
:当館学芸員

※定員100名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料です。ただし、当日有効の入館券が必要となります。

●メープルサロン鑑賞会「サロンの歴史とソシエテ・ヌーヴェル」
日時
:2月2日(火) 14:00 ~ 15:00(約60分)
会場
:美術館地下講堂
講師
:当館学芸員

※定員130名(先着順)、事前申込み不要(どなたでもご聴講頂けます)

※聴講無料。ただし、同展覧会入館券が必要となります。(半券可)

※受付は13:30頃より会場入口にて行います。

カフェ・ジャルダン特別メニュー

特別メニュー
ガトーショコラ

フランスの定番お菓子で、「チョコレートの焼き菓子」という意味のガトーショコラ。

しっとりとした食感と口いっぱいに広がるチョコレートのハーモニーをお楽しみ下さい。

料金単品:540円(税込)

特別メニュー
ジャルダンプレート(クロックムッシュ)
20世紀初頭のパリで生まれ、カフェメニューとして今も親しまれるクロックムッシュが、期間限定でジャルダンプレートに登場!
クリーミーなベシャメルソースと、隠し味のキノコの相性は抜群です。

料金単品:1,080円(税込)、ドリンクセット:1,296円(税込)

ページの先頭へ