ひろしま美術館

「ルドゥーテのバラ」展

宮廷画家ルドゥーテの『美花選』展

終了いたしました

2016年12月17日(土)~2017年2月5日(日) 

年末年始(12月29日~1月2日)以外は会期中無休

9:00~17:00/金曜は~19:00(入館は閉館の30分前まで)
※12月17日は午前10時から開会式、終了後開場します。

ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌと王妃マリー・アントワネットが愛した“花のラファエロ”
フランス革命前後、王侯貴族や上流階級の人々から「花のラファエロ」あるいは「バラのレンブラント」と呼ばれたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759-1840)による色彩版画展。2012年開催の「ルドゥーテのバラ」展に続く第2弾です。今回は、色とりどりの花、華麗なブーケや瑞々しい果物等をモティーフにした版画集『美花選』を中心に、水彩による肉筆画も併せて展示することで、ルドゥーテの全体像に迫ります。

展覧会概要

会 期
: 2016年12月17日(土)~2017年2月5日(日)
開館時間
: 9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)※毎週金曜日は、19:00まで開館いたします!
※初日の12月17日は10:00からの開会式終了後に開場いたします。
会 場
: ひろしま美術館
主催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協力
:コノサーズ・コレクション東京
協賛
:広島銀行

入館料

一般 1,200(1,000)円/高・大生 900(700)円/小・中生 500(300)円
( )内は、前売りおよび団体(20人以上)の料金。

  • ※当展覧会とコレクション展示(フランス近代美術)は共通のチケットとなります。
  • ※障がい者手帳をご提示の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日の団体割引料金(1,000円)でご入館いただけます。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。

前売り券発売所

ひろしま美術館(2016年12月16日まで)、中国新聞各販売所(取り寄せ)、中国新聞社読者広報部、広島市内の主なプレイガイド、画廊、画材店、書店、セブン-イレブン(http://7ticket.jp)、ローソン店内「Loppi」(Lコード:62558)
セブンチケット(外部サイト)

割引

■フライデーナイト・ペア割引
「宮廷画家ルドゥーテの『美花選』展」の会期中、毎週金曜日の16:30以降にご入館の2人組のお客様に限り、お一人様につき入館料を200円割引いたします!
※2名のお客様限定 ※割引の併用はできません ※詳しくはお問い合わせください。

■インターネット割引券
割引券を印刷し、入館時にご提示いただくと、当日料金より100円割引いたします。他の割引(シニア割引含む)との併用は出来ませんので、ご了承ください。

■広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引
「宮廷画家ルドゥーテの『美花選』展」の会期中、3館で相互割引を実施いたします!本展チケットと以下の特別展入館券(半券可)を各館受付にご提示いただくと、当日の入館料が100円割引になります。詳しくは各館にお問い合わせください。
※一枚につきお一人様、各館一回限り有効 ※所蔵作品展(コレクション展)は対象外です ※割引の併用はできません

 広島県立美術館

作者紹介と主な作品

作品_00

ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ(1759-1840)

現在のベルギー南部サンチュヴェールに生まれ、フランスで活躍した植物画家。とくに花を描くことを好んだルドゥーテは、マリー・アントワネットの蒐集室付画家を経て、ジョゼフィーヌの庇護のもとマルメゾン城館に集められた植物を克明に記録する仕事に携わるなど、植物画家として大きな功績を残しました。

『美花選』

『美花選』は、すでに『バラ図譜』などを手掛けたことで名声を得ていたルドゥーテが、67歳のときから数年をかけて出版した、彼の集大成といえる植物図譜。全144点すべてをルドゥーテが手掛けており、鮮やかな色彩で描かれた花々のやわらかな佇まいが見る者を楽しませる、単なる記録以上の作品群となっています。ルドゥーテは、スティップル・エングレーヴィング(点刻彫版法)という銅版の技法を用いて、原画を線でなく点によって製版しました。これによって、黒い輪郭線ではなく点の集積で表現された花々は、優美でやわらかな表現となったのです。また、肉筆の水彩画では、発色をよくするため、表面がなめらかで絵具の吸い込み具合が少ないヴェラム(動物の皮から作られる)に描くなど、各方面で、制作のこだわりを見せました。

左画像:「房咲きスイセン、三色スミレ、ツバキ」『美花選』1827-33年 コノサーズ・コレクション東京蔵

  • 作品_01
    「テッセン、バラ〔ロサ・ケンティフォリア〕
    (栽培品種)、アネモネ」※
  • 作品_02
    「アネモネ」
  • 作品_03
    「チューリップ
    (栽培品種)」
  • 作品_04
    「レッドカーラント
    (赤房スグリ)」※
  • 作品_05
    「アジサイ」
  • 作品_06
    「ネクタリン〔
    ズバイ・モモ〕」
  • 作品_07
    「ブラジル・トケイソウ」
  • 作品_08
    「バラ 〔ロサ・ヘミスフェリカ〕」
  • 作品_09
    「プリムラ・オーリキュラ
    (厚葉サクラソウ)」※
  • 作品_010
    「ロサ・ガリカ・ウェルシコロル〔ロサ・ムンディ〕」
    『バラ図譜』1817-24年

※『美花選』(1827-33年)所載、いずれもコノサーズ・コレクション東京蔵

関連イベント

ミュージアム・トーク

「宮廷画家ルドゥーテの『美花選』展」
日 時
:1月14日(土) 11:00~12:00
会 場
:本館ホール
講 師
:当館学芸員

※事前申込み不要(どなたでもご聴講いただけます)

※聴講無料です。ただし、当日有効の本展入館券が必要です」。

コンサート

■チェンバロ・コンサート
会 場
:本館ホール
定 員
:100名程度(先着順)

※聴講無料。ただし、当日有効の本展入館券が必要です。

日にち 時間 演奏者
12月23日(金・祝) 14:00~14:40 小田 郁枝(チェンバロ)
永瀬 拓輝(バロックチェロ)
橘 洋介(バロックヴァイオリン)
1月8日(日) 14:00~14:40 小田 郁枝(チェンバロ)
川本 真利江(バロックリコーダー)
1月28日(土) 14:00~14:40 小田 郁枝(チェンバロ)
■正戸里佳(まさと りか)国際コンクール 優勝記念コンサート 

フランスの「ドミニク・ぺカット国際ヴァイオリン・コンクール2016」のヴァイオリン部門優勝を記念し、演奏していただきます。

日 時
:1月22日(日) 14:00~15:30
会 場
:本館ホール
定 員
:100名程度(先着順) 

※聴講無料。ただし、当日有効の本展入館券が必要です。

カフェ・ジャルダン『美花選』特別メニュー

メニュー01
バラの花びらのカップケーキ

ふわふわのケーキを、軽くて口どけのよいクリーム、食べられる花びら、マカロンでかわいらしく彩りました。



料金単品:400円(税別)

シフォンケーキ
『美花選』のアシェット

アシェットはフランスで一皿の意味。展覧会オリジナルのバラの形のマドレーヌや、『美花選』にも描かれているイチゴなどに、ベリーソース、アイス、ホイップクリームを添えた華やかな一皿です。


料金単品:750円(税別)

ページの先頭へ