ひろしま美術館

チラシ

平木コレクション 生誕220年 歌川広重の世界展
―保永堂版東海道五十三次と江戸の四季―

次回開催


2018年1月3日(水)~2月12日(月・振休) 会期中無休

9:00~17:00/金曜は~19:00(入館は閉館の30分前まで)

※本展は正月3日の開会となりますので、開会式は行いません。

保永堂版東海道五十三次、貴重な初摺を全点公開!
江戸時代、庶民の芸術として誕生した浮世絵。中でも風景画の稀代の名作とされるのが、歌川広重 の「東海道五十三次」で、東海道の風光明媚な名所の様子が生き生きと描かれています。本展では、印象派の画家たちやゴッホにも影響を与えた広重の作品でも、特に貴重な保永堂版「東海道五十三次」の初摺と「江戸の名所」を、平木コレクションの名品により紹介します。

【同時開催】「根付展 粋な装身具・江戸の工芸品 高円宮家根付コレクション」の詳細はこちらから根付展

展覧会概要

会  期
:2018年1月3日(水)~2月12日(月・振休) 
開館時間
: 9:00~17:00/会期中の金曜日は19:00まで開館!(入館は閉館の30分前まで)
※本展は正月3日の開会となりますので、開会式は行いません。
会  場
:ひろしま美術館
主 催
:公益財団法人ひろしま美術館、公益財団法人平木浮世絵財団、テレビ新広島、中国新聞社
後 援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
:ひろしま信愛不動産
協 賛
:広島銀行
企画協力
:株式会社アートワン

入館料

一般:1,300円(1,100円)/ 高大生:1,000(800円)/ 小中学生:600円(400円)
※( )内は、前売りまたは団体(20人以上)の料金です。

  • ※本展と常設コレクション展示(フランス近代美術)は共通のチケットとなります。常設コレクション展示のみのチケットは販売しておりません。
  • ※本展チケットにて同時開催「根付展」もご鑑賞いただけます。「根付展」のみのチケットは販売しておりません。
  • ※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1人が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。

前売り券発売所

ひろしま美術館(販売開始~2017年12月28日まで)、中国新聞販売所(取り寄せ)、中国新聞社読者広報部、広島市内の主なプレイガイド、画廊、画材店、書店、ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード:61344)、セブン-イレブン(http://7ticket.jp

割 引

■割引券を印刷し、入館時にご提示いただくと、割引料金にてご入館いただけます。他の割引券との併用は出来ませんので、ご了承ください。

展覧会内容と主な作品

作品画像00

  武士の家に生まれながら画道を志した歌川広重(1797~1858)は、浮世絵師となってからの長い習作期を経て、「東海道五十三次」を1833年から発表します。五街道の中でも最も重要な江戸と京都を結ぶ東海道の旅を題材に、起点の日本橋と終点の京都、その間の53の宿駅を、各地の風景と人々の暮らしなどと合わせて描いた計55枚揃いの大作です。各宿駅の構図や描かれているものは様々で、当時の人々は広重の絵を見て、東海道の移り変わる旅の様子を追体験して楽しんでいました。本展ではこの「東海道五十三次」の中でも、特に貴重な保永堂版の初摺と、その後の後摺を合わせて展示し、比較しながら楽しむことができます。
 広重はまた、「江戸名所」「東都名所」シリーズから「名所江戸百景」にいたるまで、江戸の町の風景を数多く描いています。絶大な人気から多数の依頼を受けた広重は、同じ名所、風景を繰り返し描いていますが、それぞれ構図やモチーフを工夫し続けています。本展では、モネやゴッホなど西洋作家にも影響を与えたこれらの名所絵を、四季に沿ってご紹介します。

【左画像】「東海道五十三次之内 日本橋 朝之景」 

 

  • 作品画像01

    「東海道五十三次之内 蒲原 夜之雪」
  • 作品画像02

    「東海道五十三次之内 由井 薩埵嶺」
  • 作品画像03

    「東海道五十三次之内 丸子 名物茶店」
  • 作品画像04

    「東海道五十三次之内 御油 旅人留女」
  • 作品画像05

    「東海道五十三次之内 四日市 三重川」
  • 作品画像06

    「東海道五十三次之内 庄野 白雨」
  • 作品画像06

    「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」
  • 作品画像06

    「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」
  • 作品画像06

    「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」


「歌川広重の世界展」展関連イベント

◆木下泰嘉氏による本展関連企画 摺り実演会とミニ展示
 版画家、木下泰嘉氏の協力のもと、「東海道五十三次」がどのように制作されたかを、復刻版の版木を用いて考察します。また会期中、木下氏による摺りの実演見学会を行います。技法の面からも広重について知ることのできる、またとない機会です。

◇◇ 摺り実演見学会 ◇◇
日 時
:2018年2月3日(土)、2月4日(日) 各日2回 第1回:11:00~12:00 第2回:14:00~15:00
場 所
:ひろしま美術館 事務棟地下講堂
講 師
:木下 泰嘉氏
参加費
:無料
定 員
:各回30名程度
※事前申し込み不要。ご参加を希望の方は開始の5分前までに会場にお越しください。
※参加者多数の場合はお断りする場合がございます。
※見学会は立ち見となります。椅子席はございませんのでご了承ください。


◇◇ ミニ展示 ◇◇
期 間
:「歌川広重の世界展」会期中(開館時間も準ずる)
場 所
:ひろしま美術館 事務棟地下講堂  ※入場無料

◆ミュージアムトーク「歌川広重の世界展」
日 時
:①1月13日(土)11:00~12:00
②2月10日(土)11:00~12:00
会 場
:ひろしま美術館 本館ホール
講 師
:展覧会担当学芸員

※聴講は無料ですが、当日有効の同展入館券が必要です。

同時開催「根付展 粋な装身具・江戸の工芸品」 特別出品:高円宮家根付コレクション


※「歌川広重の世界展」と共通のチケットとなります。「根付展」のみのチケット販売はございません。
※詳細はこちらからご確認ください。随時HP上で発表いたします。

ページの先頭へ